メイク特集って大好き!今日のテーマは『チークの効果的な入れ方!』

家事を一通り済ませホッと一息つきながらTVをつけると、メイク特集でチークの効果的な入れ方を教えてくれるという。

私もチークはいちおうつけているけれど、どんなこと教えてくれるのかな?と興味津々で画面に注目。

まずはベースメイクの前にフェイスマッサージで小顔にするという。

「いやいや、マッサージだけで小顔になったら苦労しませんって。

」と軽く心の中でツッコミを入れつつ見ていました。

が、そこはさすがプロの施術!専用の美容液をお顔になじませて頬骨の下あたりからこめかみに向かって、そして唇の下あたりからアゴに沿って軽く指先でお肌をマッサージ。

「老廃物を散らすような感じで。」という説明をしながら行う施術はとても軽いタッチで気持ち良さそうです。

最後にリフトアップ効果のある専用のマスクをつけて待つこと5分。

マスクを外すと確かにフェイスラインがきゅっと引き締まり、お肌もワントーン明るくなりツヤツヤしていて、思わず「おぉっ!」と声に出してしまったのでした。

素人のマッサージではこうは上手くいかないのかもしれませんが、画面で見た限りではそんなに難しいことをしているようには見えなくて。

これは真似するだけでもメイク前にやってみれば効果あるんじゃないの!?と思ったのでした。

ひょっとすると素人のとんでもない勘違いかもしれないのですが、私きっと明日の朝のメイク前に試していると思います(笑)それはさておき、肝心のチークの効果的な入れ方ですが、まずは色選び。

年齢を重ねた大人の女性にはピンクなどの明るい色ではなく、ローズ系の落ち着いた色味で血色の良さを見せるようにするのがコツだそう。

3色セットになっているチークを選んで3色全部をブラシにとります。

3色を混ぜて使うことで立体的に仕上がるんだそうです。

そしてチークを入れる位置は縦は黒目、横は小鼻のラインの交わるところから頬骨にかけて。

ブラシをくるくると円を描くようにしながらふんわり入れていきます。

ファンデーションだけでチークなしで仕上げると、ファンデーションの均一な色味だけなのでお顔が平たく大きく見えてしまうので、絶対にチークは使ったほうがいいみたいです。

「なるほど!」普段何気なくしているメイクも、こうやってメイクによる効果の説明を聞くと、知っていると知らないとでは全然違うよね。

と実感します。

なので、私はこういうメイクの特集って大好きなんです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ